ボクサー 音田隆夫

ボクサー ☆写真集

ボクサー音田隆夫





















一力ジムの看板です。クリックすると一力ジムのホームページに飛びます。

音田隆夫選手のジムワークは、夕方6時頃から始まります。


ナックルを痛めないように、バンテージを巻くとき、衝撃吸収材(青色の物)を下に入れる。
左腕に時計のように付けているのは、心拍数をはかる器具。


整理整頓された用具。


リング上でストレッチ。関節や筋を痛めないように十分行う。


軽いロープスキッピングで体を温める。


カガミの前で、フォームを確認しながらのシャドウボクシング。





渡辺チーフトレーナーにミットを持ってもらう。


ミット打ちは、サンドバッグと違い、目標が動くのでパンチを当てるタイミングがつかめる。





パンチが重いので、ミットを持つトレーナーも大変だ。





右目の下のアザは、スパーリングでもらったパンチでの擦過傷だ。


シャツを取り替えてサンドバッグ打ちに進む。3ラウンド叩く。


グローブをはずし、フォームを確認しながらのシャドゥボクシング。


またバッグに向かう。ナックルの薄いパンチンググローブから、大きいグローブにかえている。


インターバルで汗を拭いてグローブを付け直す。


ジムの外からガラスごしに撮影。商店街にあるジムなので、通行人からはこのように見えている。


17勝のうち、13のノックアウトを誇るパンチがバッグにめり込む。


顔面をカバーしながらの左ボディーブロー。手首ひねっているのでナックルパートが当たる。


最後のロープ飛びは、スタミナを付けるハードトレーニングだ。


誰からも命令される訳ではないので、ロープ飛びは自分との戦いだ。


すごい迫力で飛んでいた。


トレーニング後のストレッチ。


ハードパンチャーには身体が硬い人が多いが、音田選手は柔らかだ。


腹筋の鍛錬にトレーナーに踏んでもらう。





足で踏みながらのマッサージ。





渡辺チーフトレーナーに終了の挨拶。



平成20年5月14日のトレーニングが終了しました。

カメラ:三男三郎 
プロフィール
音田 隆夫(おんだ たかお) 昭和50年7月12日生まれ  鳥取県倉吉市出身  
身長180cm  血液型は A 型  ウェルター級の新人王
東洋太平洋スーパーウェルター級7位(2008.5)




ヨネクラジムへの出稽古  TOP ページ  このページの TOP

 Copyright © ボクサーたち All Rights Reserved.